学園の教育 世界×KANDA

自分だけの「グローバル」を見つけることができる!

本校の留学制度は、「自分だけのグローバル」を見つけることができるプログラム設計。異文化の体験 や語学習得の機会として短期~中長期の留学が可能です。

また、国際交流では、世界各地の姉妹校や交流校と相互訪問を行い、お互いの文化や言語を知る機会が数多くあります。例えば、オーストラリアやニュージーランドといったオセアニアの英語圏だけでなく、韓国、中国、台湾、フランスからも「世界の友人たち」が本校を訪れ、英語を介してコミュニケーションをとるという本物のグローバル交流や、お互いの国の言語を用いてのコミュニケーションなど、相互理解を深めています。

留学プログラム

留学を希望する生徒には、ネイティブによる事前講座が行われ、しっかり準備をした上で現地の学校に通います。
現地では他国からの留学生や現地の生徒に混じって生活することで英語力と共に、異文化への理解と国際的な広い視野を身に付けます。

※留学中の単位は認められているため、長期留学をしても3年間で卒業が可能です。

世界の高大連携校

 このたび、神田女学園はオーストラリアシドニーの北東部にあるMacquarie Universityと※PACEを通して高大連携を結びました。
「Macquarie University」は国際的な大学評価基準であるQSスター評価において、最高の5つ星を獲得している大学です。また、歴史のあるビジネス関連学、言語学、心理学、地球・海洋科学、地理学の各学部で世界トップ100にランクインしています。
希望した神田女学園の生徒は、8月に「Macquarie University」の付属語学施設にて大学の先生より英語授業をうけることができるようになりました。その他にも現地大学生との交流や、「Macquarie University」の大学生がPACEプログラムで、本校に教育実習生としてインターンシップをすることなどを予定しております。
神田女学園では今後も海外大学との連携を進めていく予定です。(2019.3.19)

Macquarie UniversityのHPはこちら  紹介動画はこちら

Comments from Ms. Maitland

 I graduated from Macquarie University in 2012 with a Bachelor of Arts with the Diploma of Education degree. I majored in Japanese teaching and minored in ESL teaching. The four years that I spent studying at Macquarie University was one of the best experiences that I have had in my life. I was given so many opportunities to study abroad, meet people from around the world and participate in on campus cultural exchange programs. What stood out for me was not only it's outstanding state of the art facilities, beautiful spacious green campus and its convenient location but also its friendly and supportive teachers and passionate and innovative students. Macquarie university truly offers the perfect environment for students to learn, study and thrive in style.

世界の姉妹校・交流校

本校には、アジア・オセアニアを中心とした姉妹校が世界中にあります。姉妹校とは、中長期留学の滞在学習先になったり、語学研修で現地の授業を受けたり、相互訪問として本校での国際交流を行ったりと、一般的な海外の学校よりも密接な交流を行っています。また、海外大学と40校以上の指定校(教育連携校協定)を結んでいることから、これらの大学との交流も盛んに行っています。

そして、2020年度からは、アイルランド共和国との本格的な教育連携が始まり、教育提携校や姉妹校も増えていく予定です。

  • Auckland Girls’ Grammar School(ニュージーランド)

  • ソウル女子高校(韓国)

  • 金陵女子高級中学(台湾)

  • 上海甘泉中学校高等学校(中国)

  • Sydney Church of England Girls Grammar School(オーストラリア)

クラス全員留学 [中3 ]

3年間の集大成はニュージーランド

中学3年次に行われるニュージーランドへの短期留学は全員必修。3年間で培ってきた英語力を試し、さらなるモチベーションを得る良い機会となるだけでなく、長期間家族と離れて過ごす中で、精神面・生活面の成長も大きく期待できます。高校受験の無い一貫校だからこそのプログラムです。

中長期留学 [高1(グローバルコース・希望者) ]

グローバルコースに在籍している全生徒を対象として中長期(3か月~1年間)の海外留学制度があります。今までに身に付けた英語力(コミュニケーション力)を現地で学びながらアウトプットする機会です。アメリカ・カナダ・をはじめ、オセアニアの各国や東南アジア諸国での留学も可能です。長期留学(1年間)をした生徒は、希望により高校2年次に進級ができる制度が整っているため、将来のビジョンを描きながら留学先で本気の学びをすることが可能です。

ダミーですコピーが入ります

この文章はダミーです。ニュージーランドへの短期留学は全員必修。3年間で培ってきた英語力を試し、さらなるモチベーションを得る良い機会となるだけでなく、長期間家族と離れて過ごす中で、精神面・生活面の成長も大きく期待できます。高校受験の無い一貫校だからこそのプログラムです。

語学研修 in Asia

中国語・韓国語を選択している生徒の増加を受けて、5年前から約10日間の現地語学研修が行われています。言語のアウトプットの機会とするのみならず、異文化体験を通して外国の社会や制度、習慣を理解し、国際感覚を身に付けます。

※英語圏への語学研修も設定しています。

中国語・韓国語を選択している生徒の増加を受けて、5年前から約10日間の現地語学研修が行われています。言語のアウトプットの機会とするのみならず、異文化体験を通して外国の社会や制度、習慣を理解し、国際感覚を身に付けます。

※英語圏への語学研修も設定しています。

国際交流

さまざまな国の高校生と交流

本校の国際交流は、欧米に限らず多岐に渡っているのが特徴です。世界各国にある姉妹校との相互交流をはじめ、中長期留学での相互訪問など、行事の枠を超えて学校の生活の中で自然に行われています。特に、急成長を続けているアジア諸国や異文化交流として安心なオセアニア地域など、英語を話す機会だけでなく、国と国、人と人が結びつくような交流機会となっています。

写真をクリックすると上部に拡大画像が表示されます。

Students’ Voices

「得意科目は英語です。」と
自信をもって言えます

カナダ1年間留学
(2016年度卒業 順天堂大学進学)

姉に留学経験があることが、私が留学しようと思ったきっかけでした。当初は生活習慣の違いに戸惑い中々思っていることも言えませんでしたが、ホストファミリーや現地の友人たちが優しくサポートしてくださったおかげで、いつしか留学生活に慣れました。帰国後、ものの考え方や価値観が変わり、大きく成長できた気がしています。今、「得意科目は英語です。」と、自信をもって言えます。

留学して視野が広がりました

ニュージーランド1年間留学
(2016年度卒業 立命館アジア太平洋大学進学)

入学当初、英語は一番下のクラスだったのですが、思いきって留学を決意。留学したての数日間はコミュニケーションが取れず泣いてばかりでしたが、自分で何とかするしかない環境が勇気となり、必死に取り組んだことで2ヶ月ほどで会話や生活に余裕が出ました。1年間の留学を通して視野が広がり、自主性が身につき、個々人の違いを受け入れられるようになったことは私の大きな経験です。

直接交流することの
大切さを感じました

中国3ヶ月留学

中国語だけの授業が始まると、何も分からずコミュニケーションも上手にとれない日々が続き、自分の力不足を痛感。毎日3時間以上の予習をして授業に取り組みました。色々な壁もありましたが、笑顔で前向きにすごそうと決意。現地の人たちとの交流で偏見や誤解が解け、直接交流することの大切さを感じました。留学は、視野を大きく広げ、多くの大切な友達を作るチャンスとなり、私を大きく成長させてくれました。

カナダ1年間留学 M.F.さん
(2016年度卒業 順天堂大学進学)

姉に留学経験があることが、私が留学しようと思ったきっかけでした。当初は生活習慣の違いに戸惑い中々思っていることも言えませんでしたが、ホストファミリーや現地の友人たちが優しくサポートしてくださったおかげで、いつしか留学生活に慣れました。帰国後、ものの考え方や価値観が変わり、大きく成長できた気がしています。今、「得意科目は英語です。」と、自信をもって言えます。

ニュージーランド1年間留学 O.S.さん
(2016年度卒業 立命館アジア太平洋大学進学)

入学当初、英語は一番下のクラスだったのですが、思いきって留学を決意。留学したての数日間はコミュニケーションが取れず泣いてばかりでしたが、自分で何とかするしかない環境が勇気となり、必死に取り組んだことで2ヶ月ほどで会話や生活に余裕が出ました。1年間の留学を通して視野が広がり、自主性が身につき、個々人の違いを受け入れられるようになったことは私の大きな経験です。

カナダ1年間留学 M.F.さん
(2016年度卒業 順天堂大学進学)

姉に留学経験があることが、私が留学しようと思ったきっかけでした。当初は生活習慣の違いに戸惑い中々思っていることも言えませんでしたが、ホストファミリーや現地の友人たちが優しくサポートしてくださったおかげで、いつしか留学生活に慣れました。帰国後、ものの考え方や価値観が変わり、大きく成長できた気がしています。今、「得意科目は英語です。」と、自信をもって言えます。

PAGE TOP