−学園ブログ−Moving Moments

「ハヤクモ」

5月に入り、長い連休が終わったばかりだが、「ハヤクモ」、今月末に行われる中間試験に向けて、生徒たちの気持ちが向いているようである…。緊急事態宣言下にあるので、生徒の登校機会を調整し、ご家族との時間を多く取ってあげたいと考えて、4月下旬から長い連休にしたが、むしろそれが生徒たちのモチベーションを高めたようである…。

 

しっかりと自宅学習を行い、あわせて身体も心も整えることができたからであろうか…。活気に満ち溢れ、ガッコウに来ることを本当に待ち遠しく感じ、楽しそうに登校している姿を多数目にすることができた…。まだまだ、2週間以上もあるにも関わらず、学習の成果を試したいのであろうか…。試験範囲やレベル感などを聞いてくる生徒が多数いると聞く。高3には、重要な内申点が算出される学期なので、はやる気持ちが、わかる気もするが、他の学年でも、「ハヤクモ」放課後の質問や放課後講座への参加数が激増しているという…。

 

きっと、本校の「K-SAMTシステム」が、その一要因かもしれない…。学習時間や状況を把握し、次に向けてのアドバイスを行う…。自学自習の環境設定だけでなく、学習管理も行ってくれることで、次の目標と取り組むべき内容がわかり、そこで手ごたえを得れば、自信をもって次に進むこともでき、「ハヤクモ」自分の実力を試したい気持ちが高まるのも当然であろう…。

 

4月後半の「保護者全体会」でも、参加及びWebでの視聴者が、在校生の約80%…。3年ほど前から、保護者に「学校方針を共有する機会」として開催してきたが、当初は役員の方々を含めても、約20%程度の参加率であった…。この大きな変化には、生徒たち、お嬢さま方の楽しそうで、活気に満ちた学校生活を感じ取っていただいているからであろう…。「ハヤクモ」、6月の学校行事への参加希望や後期の「保護者全体会」の日程などを気にしてくれているという…。

 

「ハヤクモ」開始した「2022年度受験者対象説明会」にも、昨年度の2倍程度の方に参加いただけている…。ガッコウ理念や学校生活、プログラムへの関心だけでなく、具体的な入試日程や高校受験での推薦の基準などへの質問が多いと聞く…。

 

昨年度の不安や苦労を払しょくするかのように、様々なことが、ガッコウの成長、すなわち生徒たちの学びを後押ししてくれている…。しかも、気が付けば「ハヤクモ」昨年の平常登校開始から、まもなく1年が過ぎようとしている…。少しばかりだが、本校は「ワタシタチの日常」を取り戻している…。

  • 「前期 保護者全体会」へのご参加及びご視聴、ありがとうございます。非常に多くの方にご参加いただき、「2021年度への取り組み」を共有させていただけましたことに、大変感謝申し上げます。

    今後は、全体会でお話させていただきましたことを、1つ1つ具体的に取り組み、実現してまいります。引き続き、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

    また、一学期に予定しております各種学校行事ですが、社会情勢を加味しながら、適切に判断してまいります。かけがえのない機会を安易に中止することなく、工夫を講じながら実施できますよう検討を重ねてまいりますので、何卒ご理解のほど、重ねてお願い申し上げます。

  • 5月15日・16日に有楽町で開催されます「東京都私立学校展」に参加いたします!この日より、2022年度パンフレットの配布開始となります!

    今年度版も、本校や生徒の様子がわかる構成となっています。今までの教育内容をベースに、さらにアップデートした内容にしておりますので、ぜひご一読ください!また、今年度より校内実施の説明会では、資料の一部として説明会のPP資料(パワーポイント資料)を配布しています。

    パンフレットだけでは伝えきれない、LIVEの内容に触れることができる機会として、ぜひ校内実施の説明会にもご参加ください!

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP