−学園ブログ−Moving Moments

「イラスト」

 本校のパンフレットは、昨年度版より、大きくリニューアルをしている…。学校のパンフレットでは珍しい、柔らかく手なじみの良い紙質である。読めば読むほど、自分なりの「パンフレット」になり、いつか受験のころを懐かしく思い出していただけると考えてのことである…。本当は、香り付きの「和紙」にしたかったのだが、いずれ…との思いがあるので、楽しみにしていてほしい。

 そして、業界初ともいわれているパンフレットの「カバー」。時期やトピックに合わせて、「カバー」を変えている。関心を持っていただきたいことがクローズアップされるし、いつ来校いただいても、何回来校いただいても、新鮮な感じを受け取ってもらえている。すでに、第四弾まで発行し、それぞれに「テーマ」と「コンセプト」が込められている…。「アオ」→「オレンジ」→「シロ」→「ミドリ」…。次は何色になるのか、業界では少し話題になっているらしい…。しかも、私学業界の枠を超えて、他分野でも「カバー」付きパンフレットを取り入れているらしい…。

 もちろん、本校は女子教育校だから、女子生徒がメインであり、いずれも生徒の「メディアセンバツ」なので、明るく元気で、親しみやすく、本校の様子を伝えてくれる優しさと知性・教養を感じる雰囲気になっている。そこに、生徒それぞれの「オモイ」を重ねて紹介し、手に取っていただいた方が、自分自身の中で、本校での学校生活を重ね合わせ、楽しい学校生活の始まりに思いを寄せ、「ジブン」が誰であるのか?何ができるのか?どんな成長をするのか…など、イメージしてもらえるようにしている。

 その中に、手描きの「イラスト」を加えている…。いずれもプロの方に描いていただいているのだが、作家さんの視点で、本校の生徒たちを描いていただけるのは、とてもうれしいことだ。昨年度版は、本校の周辺の様子を、放課後の生徒目線で描いていただいた…。「ホウカゴの探究」と題して、趣ある神保町を歩いてほしいと願ったからだ…。今年は、生徒の「ステキ」さを「セイフク」の紹介を兼ねて描いていただいた…。「セイフク」といえば、著名なあの先生に依頼している。保護者の方なら、一度は目にしたことがあるだろうし、娘の成長とともに、「アノトキノジカン」を思い出していただけるだろう…。

 

 写真のカット、モデルの目線、テキストの文言、文字の構成、ページ立てや色の構成まで…。全体像をとらえながら、手にとっていただいた方に伝わるように、本校の生徒たちが喜べるように、とても時間をかけて作成した…。理由は極めてシンプルである。「パンフレット」在校生の誇りだからだ…。

 

  • 来週より、夏期休業期間に入らせていただきます。Ⅰ学期授業の延長に伴い、例年よりも短い休業期間とはなりますが、何卒ご理解をいただければ幸いです。なお、本年度は「創立130周年記念事業」としまして、エントランス及び階段などの全館清掃と改装を進めております。休業期間の立ち入りと講習期間中の一部施設の利用制限がございますことをご容赦ください。

    夏期講習日程ですが、

    前期 8月18日~21日 後期 8月24日~28日 全8回開講(登校日を挟む)

    となっております。高校3年生にとりましては、学習のリズムと学力レベルを取り戻す機会となりますゆえ、ご参加のほど何卒よろしくお願い申し上げます。また全ての学年に「K-SAMT特訓講座」を開講しております。全員が参加する時間になりますので、ぜひご活用ください。

  •  8月22日(土)・23日(日)に、2021年度入試対象の「教育内容説明会」及び「授業体験会」を開催いたします。このような社会情勢の中での開催となり、ご不安も残ると思いますが、本校の授業を体験していただき、入学後をイメージしていただくことは、志望校選定にとって大変重要な機会であると考えております。参加者数の制限や受講できる授業等に制限がございますが、学習だけでなく、第二外国語や部活動などの体験もできますゆえ、ご参加のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

     なお、当日より、2021年度募集要項の配布を開始いたします。本年度入試は、社会情勢によって不安が残る状況も想定されます。それゆえ、安心して受験校及び入学する学校を早めに決めておくことが、今後の学校生活や日常生活の備えになると考えております。

     ぜひ、本校の「パンフレット」「募集要項」をお手元にご準備いただき、秋から始まる志望校選定時期に、備えていただきますよう、お願い申し上げます。

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP