−学園ブログ−Moving Moments

「100」

*     2020年4月より、順次掲載する予定でしたが、多数の方に閲覧いただいているため、必要以上のご不安を与えてしまうことや学校再開の目途が立っていないことを踏まえて、掲載を見合わせておりました。今後、定期的に過去の記事をまとめて、掲載いたします。

 

「100」年に1度ともいわれる国難に見舞われ、新学期になっても学校再開の目途はたっていない…。3月の休校期間を経て、誰もが4月の新学期からは…と期待していたであろうが、ますます社会全体が緊迫化し学校再開は難しい状況になっている…。中には、入学式だけは…、始業式だけは…と単発で行事を行う学校もあるようだが、このタイミングで、制服で登校させるのは、好奇の目に晒すようで、忍びないと考えている…。今は、連休明けともいわれる学校再開をまって、3月から継続している「オンライン」に注力することにしている。

 

このような社会情勢の中ではあるが、「2020」年度も、校長職として2年目を担わせていただくことになった。昨年度の学校運営を振り返れば、まだまだ未熟なことが多数あり、多くの方に支えられてきた。未経験がゆえに、様々に学ばせていただいたことを忘れずに、在校生や保護者の方のご期待に添えられるように尽力していきたい。特に今年は、創立「130」年の年でもある。節目となる年度に要職を担う重責を忘れず、先人たちの思いをつないでいきたい…。

 

そして、今年度入学していただいた「150」名以上の新入生の方の期待に応えられるように、一つ一つ実現させ、本校を選んでいただいたことへの恩返しと、本校を選べなかった方にも、記憶に残るような教育を実践していくつもりである。「神田女学園でよかった」と心の底から思えるような、「神田女学園を卒業しました」と堂々と誇れるような、そんな学校にしていきたい。これからも、創立「200」年を目指して、次世代の教育を実践するつもりである。

  • 今年度も、本校の教育活動へのご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。昨年度以上に、ご期待いただける教育プログラムや制度改革を進めてまいります。

    あわせて、ご入学を楽しみにしております新入生のみなさまには、社会情勢が落ち着きますまで、今しばらくお待ち願えれば幸いです。引き続き、休校期間が続きますようでしたら、オンライン等を活用しての授業や行事などを検討してまいります。

    なお、ご連絡のように4月当初の入学式及びオリエンテーション合宿は、延期とさせていただきますことをご容赦ください。

  • 2021年度受験生のみなさま、このような社会情勢の中で、学校選択に大変なご不安をお持ちだと思います。本校では、安心してご選択、ご入学いただけますように各種体制を整えてまいります。5月より、本格的な説明会等が開始できるように準備をしておりますので、今しばらくお待ちください。

    なお、「教育内容説明会」も、来校いただいての一斉開催だけでなく、別のスタイルも検討しております。このような時だからこそ、次世代の説明会や行事を模索してまいりますので、ご期待ください。

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP