−学園ブログ−Moving Moments

「シュウギョウシキ」

*     2020年3月20日に掲載予定でしたが、緊迫した社会情勢を踏まえて、掲載を見合わせておりました。

100年に1度ともいわれる社会情勢の中であったが、万全の体制を整えて「シュウギョウシキ」を開催させていただいた。約20日ぶりの登校となり、生徒たちは少なからず不安の表情ではあったが、帰りの姿を見送って、本当に開催して良かったと感じている…。

生徒たちは、この機会を通じて、学校に来ることの意味や楽しさを改めて感じてくれたことであろう。普段の生活が、これほど愛おしいと思うことを、改めて感じてくれたと思う…。つまらなくても、いやになっても、めんどうと感じても、学校とはステキな場所である…。

短時間で行った関係で、次のステージに進む先生方の挨拶が短くなり、表彰なども一部カットせざるを得なかったが、全員で集まれたこと自体が、何よりも意味があった…。全体での「シュウギョウシキ」の後には、今年度、最後のHRも行わせていただいた…。久しぶりにあった友人と喜び合い、これからの不安を話し合い、何となく一人では抱えきれないオモイを共有できたと思う。それでも、すぐに春休みに入り、しばらく登校できない状況が続くと思うが、その前にお互いのオモイを分かち合えたこと…、この絆を確認することができたこと…。これが「ガッコウ」の意味であり、他には代えがたい場所である。

もちろん、学年の終わりに渡される「通知票」も、今年度は特別の意味を持っている…。自宅学習時の課題提出だけでなく、今年度の日ごろの取り組みも加味させていただいた。それゆえ、ほとんどの生徒が高評価であった…。日ごろの取り組みを加えて、さらに高評価になるのは、本当に素晴らしいことだと思う。日ごろの努力は、決して裏切らないものだ。

今年の「シュウギョウシキ」は、喜びに満ちた特別な1日となった…。

  • 本日より、春期休業期間に入ります。年間予定表ですと、春期講習の開講となっていましたが、社会情勢を踏まえて、開講を見合わせますことをご容赦ください。また、しばらくはご家庭での生活が中心となりますことを踏まえまして、学習課題等は控えております。各ご家庭で適宜、学習とご自宅での生活のバランスを取っていただければ幸いです。

    4月になり、この状況が落ち着き、普段の学校生活が再開できますことを切に願っております。また、保護者の方には、4月18日(土)に「保護者全体会」を予定しておりますが、見通しが不透明でありますゆえ、開催等の可否につきましてはHP等でご案内させていただきます。

    春期休業期間も、この困難を乗り切れるように、健康に留意して、お過ごしください。

  • 新入生のみなさまへ

    本来でありましたら、3月21日に入学前のガイダンスを行わせていただき、新学期に備えていただく予定でしたが、以前よりご案内しておりますように入学前のガイダンスは延期とさせていただきます。なお、クロムブックと教科書の受け渡しが必要になりますので、改めて日時や受け渡し方法等をお知らせいたします。

    4月5日(日)の入学式は、予定通りに開催したいと考えて準備をしておりますが、ここ数週間で、さらに緊迫した状況となっておりますゆえ、開催の可否を含めて検討しております。ご心配をおかけしますが、何卒ご容赦ください。

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP