−学園ブログ−Moving Moments

「リョコウ <タイケン <リュウガク」

多くの学校では、海外への語学研修や留学の制度を整えている。特にグローバル系と呼ばれる学校では、ほとんどの学校で特色のある留学を行なっている。本校でも、留学の機会は多分にあるし、ダブル・ディプロマまで取得できることは、大きな特色だろう…。しかし、本校の「リュウガク」は、留学ではない。それは、本校の「リュウガク」は、留学でもないし、「リョコウ」でもないからだ。仲間と楽しく…過ごす機会は、もちろんあるし、英語を話す機会もあるが、それだけではない。

グローバル社会に向けて英語…、海外でアウトプットの「タイケン」を…というのが、多くの留学のスタイルだろう。10年前なら、そうかもしれないが、英語のアウトプットの「タイケン」は、国内でもできるようになったし、むしろ国内のネイティブの先生の方が、指導レベルが高い。本校のように、多数のネイティブの先生がいれば、日常的にアウトプットの「タイケン」ができる。

それゆえ、本校の留学は、「リュウガク」としている…。現地でしかできないこと、エイゴを用いてコミュニケーションをとること、言葉と対話を通じて、相互理解を深めること…。そんな、「タイケン」を超え、留学を超えた「リュウガク」を行なっている…。

今年は、中学3年生の生徒たちとニュージーランドの「リュウガク」に同行してきた。彼女たちは、エイゴで話すことは十分にできる。難しいのは、エイゴで伝えることだが、授業が始まった途端に、自分の考えをきちんと伝えるように組み立てて、エイゴを使っていた…。しかも、エイゴで、日本語を教えている…。エイゴを介した相互理解、本当の「リュウガク」を目の当たりにすることができた…。

もちろん、「リョコウ」も忘れてはいけない…。「ホームステイ」と観光は、思う存分楽しんでほしい…。元気な彼女たちだから、「タベスギ」と「23kg」を超えないだろうか…、それだけを心配して日本へ帰国した…。

  • 最近の社会情勢を踏まえまして、体調面でのご不安があったり、せき等が治まらなかったりする場合には、しっかりとお休みし、体力回復に努めてください。また、登下校時のマスクの着用、校内到着時、帰宅時の手洗いうがいの励行を強く勧めております。ご理解とご協力をお願いいたします。

    また、学校内での活動に関しても、大勢で集まる機会を極力少なくし、万が一に備えるような体制を整えております。各種行事が延期や縮小される場合には、何卒ご容赦ください。

    同様に、私たち教職員もマスクの着用にて、相互の拡散を防ぐようにしております。ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

  • 3月上旬より、転編入および追加募集の日程を設けております。急な帰国にて、通学先を確保されたい方だけでなく、通学環境を変えることをご検討している方も、今一度新しい環境で学習に臨みたい方にも、広く門戸を開けております。転編入に際しては、事前のご相談の上、ご受験いただくことになっておりますので、ご検討中の方は、事前にお問い合わせください。

    また、新小学6年生・5年生を対象とした説明会を3月14日に開催いたします。近年では志望校選定の時期が早まり、複数の学校を見学して絞り込む受験生が多数を占めております。ぜひ、本校も志望校の一つにお加えいただけますよう、今年度の説明会にご参加ください。

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP