−学園ブログ−Moving Moments

「セイジンノヒ」

私立学校の良いところは、たくさんあるが、ここは…と思うことの一つは、地元とのつながりが希薄になってしまうことである…。在学時は、学校の友人や先輩後輩がいるので、たいして気にはならないが、卒業後、特に「セイジンノヒ」には、寂しい思いをする生徒も多いと聞く…。地元の友人が少ないから、仕方がないのだが、人生の大きな節目の時に、寂しい思いをするのは忍びない。それゆえ、本校でも「セイジンノヒ」に卒業生が集まれる機会を設けている。

卒業後、まだ2年ほどしかたっていないのに、もう誰だかわからないほど、ステキになり、自信を深めた「美のオーラ」をまとってくる…。女子教育校で成長したからこそ、ジブンらしく、自信をもったオトナに成長できたのだろう…。直視できないほど、ステキに成長した卒業生を見ると、改めてご家庭の愛情の深さや本人の自己成長意欲の高さに感動する。

その後も、卒業後5年後と20年後に集まれる機会を設けているし、毎年の文化祭やホームカミングデイなどにも、多数の卒業生が来校してくれる。もちろん、ふとした時にも立ち寄る卒業生も多く、当時の担任と涙ながらに相談や夢を語り、明日への意欲を高めているようだ…。

今年の「セイジンノヒ」には、10名ほどの卒業生が集まってくれた…。街中で見かければ振り返るほどのステキな女性ばかりだ…。当時の先生方に話を聞くと、手がかかる生徒ほど、ステキになり、かわいくなるらしい…。

  • 来週より、中学入試・高校入試の準備及び実施期間に入ります。午前中授業や自宅学習などをお願いすることになりますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。特に2月1日~4日までは中学入試のため、自宅学習と許可のない生徒は登校禁止期間になります。お問い合わせなども少しお時間をいただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    また、2月8日(土)には、次年度に向けての各種説明をさせていただく機会を設けております。今年度から、様々なことに取り組ませていただき、多少なりとも在校生のみなさまも変化を感じてっていただけていると思います。次年度は、130周年という節目を迎えますことや今までのカリキュラムやサポート体制を、さらにブラッシュアップいたしますので、お時間にご都合がつきます場合には、ご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

  • 1月22日(水)は、都内単願推薦希望者・都外併願推薦希望者を対象としました推薦入試当日となります。今年も多数の受験生に、ご出願いただき、本当に身の引き締まる思いです。ご期待にお応えするだけでなく、ご期待以上の満足をいただけますように、精いっぱい取り組んでまいります。ぜひ「次なる革新」を一緒に成し遂げましょう!

    また、1月24日(金)には、高校一般入試を検討されております方への「個別相談会」、25日(土)には、中学受験生対象の「出題傾向説明会」を開催させていただきます。いずれも入試直前の個別相談会・説明会となりますが、少しでもご不安を払しょくし、万全の状態で臨んでいただくための機会となります。ぜひ、後悔ない受験のためにも、ご参加をご検討ください!

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP