−学園ブログ−Moving Moments

「コウコウセイニナル」

1月下旬の「推薦入試」から、2月中旬の「一般入試」まで、複数の機会を設けている「高校受験」…。本校では、1学年在籍数の約半数を、「高校入学生」としてお迎えしている…。その今年度の機会も終わりに近づき、併願等でご縁をいただいる多くの生徒さんは、「心の第一志望」である公立高校の受験に挑戦している…。

本校は、最近では、中高一貫校としての認知が高くなってきているが、以前は高校からの入学、多くは公立の学校とご縁をいただけなかった生徒さんを大切にお預かりする学校であった。本校の「社会的使命」の1つでもある、女子生徒を社会にでても活躍できるように知識と教養を身につけさせること、そのための一定の教育期間であること…から考えれば、受験時まで本校の事を知らない、あるいは入試当日に初めて来校した…という生徒さんもお預かりしていたことは、致し方がないことでもあろう…。

 

しかし、内部進学生が増え、本校の教育に関心を持ち、高校受験でも第一志望での入学が70%を超えるような「ガッコウ」として、ご支持をいただくようになると、どうしても推薦の基準や一般入試での合否判定レベルを上げざるを得なくなる。もちろん、本校の教育理念を事前にご理解いただく必要性が生じてくる。それゆえ、近年のご支持を受けて、今年度入試から出願の基準をコースによって1~2Pほど上げさせていただいた。多少、難しくなってしまったので、出願者や入学者の大きな変化も想定していたが、予想に反して昨年度を上回るほどの入学者に恵まれそうである…。

 

「コウコウセイニナル」のは、学校が示す基準を満たし、しっかりと選べば、多くの生徒が希望通りに進学できる環境は整っている。しかし、どんな「コウコウセイニナル」のかは、学校の学習環境によるところが多いと感じている。「コウコウセイニナル」ことは、「ジブン」を作ることである。「ジブン」のための環境があり、「ジブン」らしく3年間を送れるのか…。このことを考えれば、以前のような学校選択では、難しくなるであろう…。

本校では、ご縁をいただいた全ての生徒に、「ジブン」らしく成長できる環境を用意している。ぜひ、安心して、「コウコウセイニナル」ことを一緒に成し遂げてほしい。

  • 先日、開催させていただきました「後期保護者全体会」への多数のご参加とWebを通じてのご視聴をいただき、ありがとうございました。今年度の取組みや次年度に向けてのコンセプト、現高校3年生の合格実績速報などをお話させていただきました。

    また、学年やクラスによりましては、懇談会等で多少なりともご不安が軽減されたと感じております。引き続き、本校の教育活動へのご理解とご支援をお願い申し上げます。

    なお、高校3年生の保護者のみなさまは、3月上旬卒業式にて、中学1年生の保護者の方は、3月上旬の学年保護者会にて、改めて学年とクラスの懇談の機会を設けさせていただきます。

  • 2022年度「転編入試験」及び「高校後期日程」のご案内をしております。特に、現在の学校環境を変えて、新たな1歩を踏み出したい生徒や保護者の方を対象とした「転編入試験」では、個別の相談会を行っております。学校環境を変えることには、ご不安がつきものだと感じております。お嬢様のために、少しでもご不安を減らして、最適な環境を選べますようにご協力させていただきます。ぜひ、遠慮なくご相談ください。

    また、「高校後期日程」では、公立高校さまとのご縁の有無にかかわらず、本校への出願が可能です。あわせて現在私立の中学校にご通学の生徒様も対象となりますので、まずは個別の相談会より、ご参加ください。

    全ての中高生にとって、最適なガッコウに巡り合えますことを願っております。

神田女学園中学校高等学校 学校長 宗像 諭

TOP
PAGE TOP