6年間で養う「知識」×「教養」×「品格」 中学の学び

「圧倒的基礎学力」の定着を丁寧にはかり、身に付けた知識を活用できる思考力と課題解決を行う探究力を身に付ける学びを行います。学力の基礎となる主要5教科では少人数授業で「知識」と「理解力」を付け、毎回の授業で行われる「確認テスト」や「応用力演習」などで定着を図っていきます。特に英語の学習では、「学力向上としてのエイゴ力」(文法・読解)の他に、「コミュニケーションとしてのエイゴ力」(リスニング・スピーキング)を身につけるために、ネイテイブ講師との「英会話」、現地ネイテイブとの「オンライン英会話」、生徒の語学力向上のプログラムである「K-SALC」など学内で豊富なアウトプットの機会と、海外での本格的なアウトプットの機会として、ニュージーランド短期留学(原則必修参加)を通して英語を超えた「エイゴ」力を身につけていきます。

また、リベラルアーツ教育の導入として、「ニコル・プロジェクト」という社会の最適解を探していく探究型の学びや「教養言語としての数学」「実社会とのつながりを考える理科」など、理数系科目も丁寧に学び、ロジカルシンキング・クリテイカルシンキングの基礎を養っていきます。

PAGE TOP