説明会日程(中学)
募集要項(中学)
特待生制度(中学)
説明会日程(高校)
募集要項(高校)
特待生制度(高校)
卒業生メッセージ
中学説明会 高校説明会
資料請求はこちらから
中学校グローバルクラス新設
クラブ活動報告
KANDA LIFE『学園生活特設サイト』
KSS『神田土曜英語スクール』
在校生・保護者の方へ
神田女学園同窓会・竹水会
受験生の皆さんへ
卒業生メッセージ
本学園卒業生から、受験生の皆さんへメッセージ
学園生活の思い出や、進路について。先輩たちに語ってもらいました。
Mさん
親子三代、神田の卒業生です。
Mさん 平成23年度卒業  埼玉大学 教育学部 国語専修

私の母、祖母ともに神田女学園の卒業生です。
母が当時の神田の担任の先生に自分を紹介してくれた時から神田への入学を考えていました。
母を知る先生が今も在職しておられることから学校を身近に感じるとともに、神田の持つ長い歩みを肌で感じ、この歴史ある神田女学園を卒業できたことを誇りに思っています。

また、本年度から妹もこの神田女学園にお世話になっています。
共通してお世話になった先生の話題や、それぞれが経験したことなど、現神田生である妹へのアドバイスも交えながら楽しく話し合っています。祖母から母へ、母から娘、そして妹へ…家族で話題が共有できることが嬉しいです。

 

高校時代は、子どものころから出版関係の仕事に就いている母の影響もあり、本を身近に感じていたので自然と国語の教師を志すようになっていました。
2年生に進級してからセンター入試対策講座を受講し、3年生の春から国公立大学進学に本格的に焦点を定めて受験勉強をスタート。受験勉強と平行しながら資格対策講座を受講し、英検、漢検2級、数検準2級を取得することができました。
予備校や学習塾には通っていなかったので、学習コーチや夏期講習会など学園内の学習サポートシステムを最大限に利用しながら、受験勉強に取り組みました。非常勤の先生がわざわざ学校にいらして勉強を教えてくださるなど、本当にたくさんの先生方に支えられ、獲得した合格だと思います。

 

神田女学園は決して規模の大きな学校ではありませんが、その分、先生との距離が近く、とても親身に向き合ってくださり、私たち生徒の些細な変化に気がつき、声をかけてくださいます。
クラス内の雰囲気も良く、進学に向けて仲間同士、時に励まし、時に慰め、人を思いやる大切さを自然と学ぶことができたことは学園生活で得た大切なことのひとつだと感じています。

Sさん
英語力を磨いた学園生活。
Sさん 平成23年度卒業  フェリス女学院大学 文学部 英文学科

私は中学生の時から英語がとにかく大好きで、将来は英語を活かした職業に就きたいと考えています。
神田の英語学習プログラムはどれもためになるものばかりでしたが、中でも印象に残っているのが
オーストラリアでの3ヶ月間の留学体験です。はじめは言葉が全く分からず、戸惑い落ち込むこともありましたが、毎日英語に触れていたので、耳がすっかり英語に慣れてしまい、帰国した後はしばらく日本語に違和感を覚えたほどでした。この時の経験と、ネイティブの先生による熱心な英語面接対策の指導のおかげで、無事志望校への推薦入試に合格することができました。

 

高校時代は吹奏楽部でクラリネットを担当し、3年生の引退の時まで活動していました。
顧問の先生とみんなも仲が良く、チームワークの大切さを学びました。吹奏楽部の友人達とは今でも交流があり、これからもずっと付き合っていける宝物だと思っています。
また、部活動は志望校を決めるきっかけにもなりました。部活の先輩がフェリスで吹奏楽を楽しそうに続けていらっしゃったことや、先輩から聞く大学生活の楽しさを聞くたび、フェリス女学院大学に行きたい気持ちが大きくなり志望校に決めました。

 

大学では、大好きな英語の勉強に取り組む毎日です。高校時代の友人が現在アメリカ・ボストンに留学中で、近況を聞く度にとても刺激を受け、同時に励まされています。また、高3の時に選択して興味を持っていた中国語も週2回勉強しています。
同級生は初心者ばかりですが1年間の学習経験があった自分はとてもスムーズに楽しく勉強できています。

他にも、今年は学友会活動も行っています。新入生歓迎会の準備などで忙しい毎日ですが、女子校出身ならではの行動力で盛り上げています。

 

私の妹も昨年度から神田女学園に入学しました。毎日楽しそうに学校に通う私を見て興味を持ち、神田を志望したそうです。クラブも同じ吹奏楽部で、がんばって活動しています。2年生になった今は、以前よりも真剣に勉強に取り組むようになり、時には自分よりもたくましく感じることがあります。
私と同じように、妹にも充実した素晴らしい学園生活を送って欲しいと思っています。

Aさん
夢に向かって頑張っています。
Aさん 平成24年度卒業  日本大学 法学部 政治経済学科

私は中学生の頃、勉強や色々な活動をあまり積極的に行っていませんでした。
しかし神田女学園の学校説明会に参加して、「この学校なら自分の可能性を広げ、自分を変えながら夢をかなえることができるかもしれない」と思い受験を決めました。


入学してみると最初に思った通り、いつも身近に先生の存在を感じることが出来ました。
勉強方法や進路のことで悩んでいる時、いつも親身になって相談に乗っていただけました。

高校時代に学校の勉強とは別に、各種検定試験に積極的に受検しました。
その結果、ニュース検定準2級、パソコン検定4級に合格することが出来ました。
その事が自分の自信につながり、将来の進路に向けての目標がはっきりと見えてきました。

 

クラブ活動では書道部、家政部、理科部に所属していました。特に書道部では副部長を務めさせていただきました。
部員一同力を合わせて作品を完成させたり、高野山競書大会で金賞を頂いたことが、心に深く印象に残っています。

 

私の将来の夢は地方公務員になることです。
その地域で存在する問題を一つずつ解決していくことにより、その地域住人の人々が安全で安心に生活できる環境を作りたいと思います。
現在はその夢を実現するために毎日充実した日々を送っています。

topへ
footer